システム農学会規約

名称  1.本会はシステム農学会と称する。
目的  2.本会は農林水産業システムに関する学術研究の発展に寄与することを目的とする。
所在地 3.本会の事務局を東京都世田谷区桜丘1-1-1(東京農業大学地域環境科学部森林総合科学科)に置く。
事業  4.本会は2の目的を達成するため次の事業を行う。
    (1) 学術誌の刊行
    (2) 研究発表会、学術講演会などの開催
    (3) 農林水産システムに関する共同研究
    (4) その他本会の目的を達成するために必要な事業
会員  5.本会の会員は次のとおりとする。
    (1) 正会員 (2) 学生会員 (3) 購読会員 (4) 賛助会員 (5)シニア会員 (6)ネット会員
役員  6.本会の役員は次のように定める。
    (1) 役員は会長1名、副会長2名、理事若干名、及び監事2名とし、会長、副会長も理事とする。
    (2) 役員の任期は2年とし、再任は妨げない。ただし、会長の任期は2期を限度とする。
    (3) 役員の選任は総会で行う。
代表  7.会長は本会を代表し、運営する。副会長は会長を補佐し、会長が欠員のときは会長の職務を遂行する。
     会計担当理事は会計にかかわる事項に関し、会長の命に基づき本会を代表する。
顧問  8.本会には必要に応じて顧問を若干名おくことができる。
総会  9.総会は原則として年1回開催する。
理事会 10.理事会は会長が招集し、各種運営事項を定める。
経費  11.本会の運営に関する経費は会員の負担及び寄付金でまかなう。
附則  @年会費は次のとおりとする。
    (1) 正会員 7,000円
    (2) 学生会員 3,000円
    (3) 購読会員 7,000円
    (4) 賛助会員 1口 10,000円(1口以上)
    (5) シニア会員(別に定める)
    (6) ネット会員(別に定める)
    A本会を代表する役員は次の会員とする。
     会長     築城 幹典
     副会長    新部 昭夫
     副会長    廣岡 博之
     会計担当理事 酒井 徹
    B本会を1984年4月15日に発足する。
    Cこの規約は2019年6月15日から適用する。

    (1984年4月15日制定)
    (1987年5月15日改正)
    (1990年6月 8日改正)
    (1992年5月14日改正)
    (1995年5月26日改正)
    (2010年5月29日改正)
    (2013年5月24日改正)
    (2015年6月 6日改正)
    (2017年6月28日改正)
    (2019年6月15日改正)